MENU

首イボに効く市販薬!!首イボは自宅で治せる!?

 

首イボを取りたい!と思っても病院での治療は時間もお金もかかってしまう・・・と躊躇してしまう方もいるのでは?そこで思うのが「市販の薬で手軽にケアできないか?」ということ。そもそも市販薬で首イボは直せるのでしょうか?

 

ここでは薬局・ドラッグストアで簡単に手に入れられる首イボ対策の薬についてご案内していきたいと思います。

 

塗り薬・軟膏のような「外用薬」によるケア

まずは「外用薬」によるケアが挙げられます。外用薬とは、塗り薬・軟膏などの「イボに直接塗って直す薬」です。外用薬の代表的なものには、有効成分としてサリチル酸やシコニンが含まれているもの、ヨクイニンエキスを使用しているものがあります。

 

サリチル酸は患部の皮膚を溶かしたり腐食させたりしてイボを除去する有効成分です。シコニン・ヨクイニンは漢方として古来より使用されています。いずれも抗菌作用・抗腫瘍作用の薬理作用が確認されています。

 

市販の外用薬には顔や首など皮膚の薄いデリケートな部位には使えないものがあるので注意が必要です。購入の際には商品の説明書きをよく読む、薬剤師に相談するなどして、首イボに使用可能かをよく確認することが必要です。

 

市販の「内服薬」によるセルフケア

 

もう一つは「内服薬」いわゆる「飲み薬」です。イボに効果があるとされている内服薬の大半がヨクイニンが入っているものです。内服薬の説明書には主な効能に「イボを取る」という趣旨の記載がされています。

 

薬の名前にもそのまま「ヨクイニン」という言葉が使われています。形状もさまざまで、錠剤や顆粒、ヨクイニンそのものを粉末にしたヨクイニン末などたくさんの種類があります。ヨクイニンは漢方ですので薬効も穏やかで副作用も比較的少ないと言われています。そのため幼児のイボ治療などにも使用が可能です。

 

イボだけでなく美肌にも効果があり、中にはサプリメントとして薬局に並んでいるものもあるので、自分にとってどれが一番飲みやすい形のものか試してみるのもいいかもしれません。

 

 

市販の外用薬・内服薬ともに地道に使用していくことによって徐々に患部に働きかけるものや、体質を改善するものです。いずれも病院の外科治療のような即効性はありませんが、自宅で手軽に首イボの対策を行うことができます。

 

特にヨクイニン配合の内服薬は体質・肌質の面からイボの予防効果も期待できますので、「良さそう」と思ったらまずは使ってみてもよいでしょう。