MENU

ヨクイニンでイボが消える!?どんな成分!?効果は!?

 

首イボを治したい…とお思いの方、一度は「ヨクイニン」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。ヨクイニン製品は軟膏やクリームなどの外用薬だけでなく、内服薬やサプリメントまで幅広くあります。

 

そのヨクイニン、一体どんな成分なのでしょうか?またイボへの効果はどのようなものなのでしょう?

 

そもそも「ヨクイニン」ってどんな成分?

 

ヨクイニンとは漢字で「?苡仁」と書きます。漢方の一種で、ハトムギの実から種皮を取り除き種子のみにした状態のものをいいます。

 

その歴史は非常に古く、中国最古の薬学書と言われる「神農本草経」や、約2000年前に司馬遷によって記された「史記」にもその名前が登場します。日本でも江戸時代、徳川吉宗の時代には薬草として用いられていました。江戸時代の有名な医師で学者の貝原益軒は病後や産後の回復にヨクイニンを用いていたそうです。

 

イネ科のハトムギから作られていることもあり、ヨクイニンの栄養価は非常に高いものとなっています。具体的にはナイアシン、葉酸などのビタミンやカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれ、たんぱく質は精米と比較して2倍になると言われています。

 

ヨクイニンがイボに有効と言われる理由とは!?

 

このようにヨクイニンにはさまざまな栄養素が含まれているため、美肌や体質改善に非常に効果が高いのです。首イボができるメカニズムの要因として、エイジングによるホルモンバランスの乱れや、紫外線、乾燥や刺激といった肌へのダメージの蓄積による肌の新陳代謝の停滞が挙げられます。

 

新陳代謝が乱れると、古い角質は肌の内部に蓄積され、脂肪の塊ができます。これがイボになるのです。豊富なたんぱく質には良質なアミノ酸が多く含まれていますし、ヨクイニンの中のコイクセラノイドという成分は肌の代謝の働きを正常に保ってくれます。それにより活性酸素の除去も促進されますので血行も改善されます。

 

また、食物繊維やカリウムにより体内の老廃物が排出され、デトックス効果により体質改善が期待できます。つまりヨクイニンを摂取することでイボのできにくい体質・肌質になるということです。

 

 

ヨクイニンはあらゆる方面から体質・肌質改善に働きかけることにより、イボへの効果が基地できるということが分かりました。作用も穏やかなため、即効性はありませんが比較的安全に首イボの状態をよくすることができます。一度試してみる価値はあると思います。